カンボジア

Why cambodia?

このプロジェクトをカンボジアで行うのにも意味があります。ご存知の通り、カンボジアは長い内戦の為国力は疲弊し、そのつけは最も立場の弱い人々の上にかかっています。ちなみに2013年のカンボジアのGDPは157億ドル。一人当たりのGDPは1,016ドルであり、世界平均の10%に満たない水準であります。2011年にアジア開発銀行」が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は828万人と推定されており、国民の半数を超えています(Wikipediaより)。
その様な人々の手に職を付け自立できる様なきっかけを作ることができないかと考えた事がこのプロジェクトを始めたきっかけとなりました。

cambodia_image04


Peace of mind

写真はカンボジアのプノンペンにある、キーリングフィールドです。キーリングフィールドとは(ポル・ポト政権下のカンボジアで、大量虐殺が行われた刑場跡の俗称)です。数えきれない魂がここに眠っています。キーリングフィールドにはヤシの木がいくつも有り、その木はとてもかたく茎も鋭く突き刺さるような大きな刺のような形をしている。大虐殺が行われた頃このヤシの木の茎で多く虐殺が行われたという。
こういった自然のモノも使われ方によって良いモノにもなるし、悪いモノにもなる…

cambodia_image05


〜製作工程〜

全て手作業で行っています。


〜デザインはカンボジアの遺産の中から〜